2016.09.20

【ギフトショー2016秋】展示会こだわりのブース集を一挙ご紹介

2016年9月7日~9日に東京ビッグサイトで行われた第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016。出展数は2,729社。販促花子は毎年展示会へ出展しており、毎年ブースはテーマカラーの赤色で統一しています。販促EXPOではちょうちんをぶらさげ、和の雰囲気のブース、暑い時期だったため正面にはうちわを展示し、七夕の笹の葉を飾り涼やかなブースに仕上げました。 ギフトショーではどんなブースがあるのでしょうか。素敵なブースを紹介します。

▼関連記事

展示会で見つけた素敵なブースの数々

2016年秋のギフトショー(第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016)では、2,729社出展していました。商品を並べているブースから、くじ引きを行っているブース、きぐるみがいるブースなどさまざまなアピールを行っていました。なかでも、目に留まったブースの企業様に掲載許可をいただけましたのでご紹介します。

株式会社サンスマイルさま

  株式会社サンスマイルは、海外インポートブランドのバッグや小物、コスメ、雑貨、衣料品等の輸入・販売および自社オリジナル商品の企画・製作開発を主な事業内容としております。

最初に紹介する株式会社サンスマイルさまは、パックやリップ周りのケア用品、シャンプーや化粧品、マスクなど、美容系の商品を輸入販売・自社製造・販売を行っている会社です。アパレル会社やイベント、ディズニーやサンリオ、USJなどの大手とも取引があり、今人気があるのはパックの中のデザインもオリジナルで作成できるサービスだそうです。

こちらのブースでは、なんとDJが音楽をかけていました。地上から数メートル上にDJスペースが作ってあり、回りにも風船を飛ばしたりととても華やかなブースでした。常に人がいる状態でとても目立っていたブースのひとつです。

また、2016年11月Webサイトオープン予定の、オリジナルフェイスパック制作サービス「pach❤me」の体験ができるコーナーがありました。写真撮影をして10分ほどで自分の顔が印刷されたパックを受け取ることができました。結婚式のプチギフトなんかに使えるそうです。

「pach❤me」体験コーナー

私も体験してみました。フレームが可愛い!

店内にはたくさんのパックが並ぶ(写真は一部)

株式会社バンダイさま

  株式会社バンダイは、夢・クリエイションを理念に、皆様に笑顔と感動をお届けするおもちゃのリーディングカンパニーです。

次に、株式会社バンダイさまのブースを紹介します。今秋創刊予定のWEBマガジン“Zookies.jp”のキャラクターをお披露目するブースとなっていました。“Zookies.jp”は、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツと株式会社バンダイが協業して立ち上げた、誰もが共感できる「体」をテーマに、ダイエットや美容、健康に興味関心が高い20~30代の大人の女性をメインターゲットとした、「ヘルシーなわたし生活を応援するWEBマガジン“Zookies.jp”」。

Zookiesは全7種のキャラクターで、それぞれ「臓器(Zouki)」と「動物(Zoo)」を掛け合わせた動物キャラクター。とても愛らしい見た目で、展示ブースに訪れた人はぬいぐるみを手にとってみていました。ぬいぐるみやマスコットは2017年2月に販売する予定とのことです。

助野株式会社さま

  助野株式会社は、トレンドを踏まえた開発力と、高度な技術を擁する品質力で、世界にこたえるソックスメーカーのトップランナーです。

次に、助野株式会社さまのブースを紹介します。ソックスメーカーの助野株式会社さまですが、ブースはまるでオシャレなマルシェのよう!バスやアーチなどがガーランドで飾りつけしてありとっても可愛いブースでした。

マルミツ陶器合資会社さま

  マルミツ陶器は、磁器・半磁器・ガラスなどの食器、キッチン用品を企画・販売。愛知県瀬戸市にあり、スタジオ エム(studio m')やソボカイ(sobokai)などの食器ブランドを展開し、洋食器(皿・プレート・スプーン)やおすすめの和食器(茶碗・小鉢)、キッチン雑貨を多数ご用意。プレゼント、ギフトにも人気の商品です。

次に、落ち着く大人なカフェのような装いのマルミツ陶器合資会社さまを紹介します。カウンターまで用意してあるブース内は、まるでさっきまで誰かがお茶をしていたかのようなテーブルセッティング。 テーブルの上だけでなく棚にもたくさんの商品が並べてあるので、壁で仕切られたブースの中から漂う雰囲気には、展示会というよりも休日に友人とオシャレなカフェに来たような気分にさせられます。 ブースにいるスタッフの方もエプロンをして接客する徹底振り。とても素敵なブースでした。

まとめ

ギフトショーでは、より華やかなブースが多く、音楽にも気を使っているのが印象的でした。紹介した株式会社サンスマイルのブースもそうですが、あちこちで様々なジャンルの音楽が流れていて、贈り物を扱うギフトショーだからなおさらか、カフェや雑貨屋さんのようなこだわりのディスプレイも多く見られました。筆者は電力自由化の展示会、販促EXPO、今回のギフトショーなど様々なジャンルの展示会へ参加していますが、同じ会場でもそれぞれ違った展示方法で雰囲気も客層もまったく違うと感じました。その分、配るカタログやサンプル、ノベルティなども気をつけた方がよさそうですね。

是非展示会情報をチェックして参加してみてはいかがでしょうか。展示会へ参加する際は東京ビッグサイトへの行き方-初めての展示会でも迷わず到着する方法、こちらも是非参考にしてみてください。

この記事を書いた人

販促花子

販促花子
花子です。満月になってみんなを明るく照らすよ。中秋の名月、一説では稲の豊作を祈るために始まった行事だとか。 月の模様が日本ではうさぎが餅つきをしているようだと言われていますが、南ヨーロッパではカニだといわれているそうだカニ。カニ・・・。