2019.01.10

お店での売上げアップは やっぱり印刷物が最強!

お店での売上げアップは やっぱり印刷物が最強!

先日、お客様から相談がありました。
「最近、お土産物が売れなくて困っているんです…」
そのお店はサービスエリアを運営していて、お土産物の販売やフードコートで飲食を提供しています。
お土産物が売れない理由は、昔のように近所の人や会社のためにお土産物を買わなくなっているのが原因だそうです。
しかし、商売ではそういう状況でも売上げを上げなければいけません。そこで提案したのが、フードコートのテーブルの上に三角POPを置き、注文した食べ物が出てくるまでの時間や食べながらそれを見てもらう作戦です。
よくある印刷物ですが、実はこれが大きな力を発揮します。
例えば、「お腹いっぱいになっても甘い物は別腹。当サービスエリア限定の濃厚ソフトクリーム発売中!」や「隣のお土産物コーナーでリピート率驚異の98%!幻のロールケーキ発売中」など、そのPOPで刺激を与えて購入してもらえる仕掛けを行ないました。結果は、POPがなかった時に比べて3倍の売上げを達成しました。
何となくPOPを作って貼っても良い結果は得られません。お客様の行動を読み、テーブルに座って待っている間の心理状態を考えて、最も響く商品とキャッチコピーを読ませることでお客様の心に響き、最終的に購入していただけるのです。
また、消費者が好きなランキングやおすすめ、店長イチオシ、インスタ映え間違いなしなど、お客様の心が揺さぶられるPOPやポスター、のぼりなどの印刷物を上手く活用して、お客様の購入意欲を高めましょう。
そのためにはターゲットの心理状態、どんなシーンで購入するのか? どこに目線がいくのか? 何を買いたいと思っているのか? などをしっかりリサーチすることが重要です。
最近、WEB広告が増えていますが、お店にいるお客様に買ってもらったり、お客様の背中を押す役割をするのはやっぱり印刷物が最強なのです。